• ダイエットフード
  • ディナー
  • ダイエットフード
  • ダイエットフード
  • ディナー
スポンサーリンク

筋トレの中でもスクワットがダイエットには最強なのをご存知でしょうか。

筋トレを始めたいけれど何をしたらいいか分からない、スクワットの正しいやり方がわからない、スクワットって効果があるの?と不安な方も多いと思います。

スクワットについて疑問や不安がある方のお役にたてるよう、今回は筋トレの中でもダイエットの効果が最強とされているスクワットについてご紹介します。

スクワットで痩せられる理由、スクワットの正しいやり方などをお話ししますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

■ダイエットには筋トレが不可欠

○基礎代謝量がアップする


私たち人間は、エネルギーを消費しながら生きています。そのエネルギーの中の6割から7割が基礎代謝だと言われています。基礎代謝量は、寝ているときやぼんやりしているときでも使われているカロリーを指します。寝ている間に沢山のカロリーが消費されているってとてもお得な感じがしますよね。

○太りにくい体になれる

また、基礎代謝量がアップすれば、特別な運動をしていないときでもカロリーの消費が出来るようになり、太りにくい体になります。

○短い時間で結果が出る

筋トレの結果は有酸素運動と比べて比較的はやく結果が見えてきます。
その理由は、同じカロリーを消費するのにも、有酸素運動は筋トレの2~4倍の時間がかかるからです。出来る限り目標体重にはやく達成するためにも筋トレはダイエットに欠かせない運動です。

スポンサーリンク

■有酸素運動だけの運動をおすすめしない理由

有酸素運動として代表的なものがウォーキングや水泳です。酸素を体に取り入れながらリラックスしつつ運動が出来るのが有酸素運動のポイントです。

○負担が軽い

負担が軽いので誰でもスタートしやすい有酸素運動ですが、ダイエットの結果を得るにはかなりの時間がかかってしまいます。
痩せるのにはやはり「軽い運動」のみでは足りないのです。

○リバウンドしやすい

有酸素運動で痩せたよ!という方ももちろんいらっしゃると思います。しかし、筋肉がない・少ない方で有酸素運動のみで痩せた方は、リバウンドをしてしまう可能性が高くなってしまいます。
筋肉がない状態ですと、ダイエット後の食事にかなり気を遣っていないとすぐに脂肪がついてしまうのです。

スポンサーリンク

■筋トレの中でもスクワットが最強の理由

では、筋トレの中でもスクワットがダイエットにおいて最強とされている理由はなぜなのでしょうか。

○鍛えられる筋肉の量が他のトレーニングよりも多い

スクワットをしていると太ももやお尻などの筋肉が使われていることを実感すると思います。実は太ももの筋肉は人間の体の筋肉の中で一番カロリーを消費しやすい部位なのです。一番カロリーを消費しやすい大きな筋肉を鍛えられるスクワットは、体重を落とすために新陳代謝を上げたい方にとてもおすすめです。

○短時間で他のトレーニングと同じ効果が得られる

スクワット1回の効果は、腹筋100回の効果と等しいとされています。
筋トレダイエットにチャレンジした方で多く見られるのが、「とにかく回数をこなす」筋トレの方法です。例えば、腹筋100回を継続していくのはとても大変だと思います。
しかし、スクワット5回を丁寧に行うのであれば継続できる気がしませんか?結果が出やすく継続しやすい点でもスクワットは人気が出てきています。

○下半身痩せが叶う

スクワットの効果はお腹から下半身にかけてよく現れます。女性は年齢をおうごとにヒップが垂れてくる悩みをお持ちの方が多いと思います。
しかし、スクワットを正しく行えばヒップアップの夢も叶います。スクワットは女性らしい体形を手に入れたい方にぴったりの筋トレです。

■スクワットのやり方

ここまでスクワットが最強の筋トレと言われる理由をご紹介してきました。しかしながら、正しいスクワットを行わないとその効果を実感出来ません。ぜひ正しいスクワットのやり方を覚えて実践してください。

○基本のスクワットのやり方

1.肩幅と同じくらいに足を広げます
2.後ろに腰をかけるように膝をまげていきます(お尻を後ろに引きながら)
3.太ももが床と並行になるまで腰を下げます
4.元の体制にゆっくり戻ります
ポイント
横からみたときに膝がつま先より前に出さないようにする
お尻を後ろに引くイメージをもつ
背中を丸めない
目線は前をみたままで保つ

○うち太もも痩せに効果的なスクワット

1.脚を肩幅の2倍弱ほどひろげる
2.つま先を外側に向ける
3.後ろに腰をかけるように膝をまげていきます(お尻を後ろに引きながら)
4.出来る限りお尻を下に下します
5.元の体制にゆっくり戻ります

○全身を激しく使えるスクワット

1.肩幅と同じくらいに足を広げます
2.後ろに腰をかけるように膝をまげていきます(お尻を後ろに引きながら)
3.太ももが床と並行になるまで腰を下げます
4.元の体制にジャンプで戻ってください

○効果をでやすくするポイント

・8秒くらいかけてゆっくりとお尻を下していく
・呼吸を止めずに行う
・自分が限界までやった、と思った回数+2回を行う
・毎日行わず休息日を入れながら継続する

■まとめ

今回は、スクワットがダイエットには最強な理由を新陳代謝などと含めてお話ししました。また、やり方についてもご紹介をしてきました。
ポイントを守って最強なスクワットダイエットに挑戦してください!

スポンサーリンク
  • <意外?!>スクワットがダイエットには最強な理由
  • 1日5分だけ!ジムに行かないでできるお手軽ダイエット
  • 簡単だけど注意が必要!置き換えダイエットで気を付けたい3つのルール
  • テレビを見ながら楽々!下半身太りに効く簡単ストレッチ!
  • 過度なダイエットは危険?!正しいダイエットと運動法
  • ダイエット中の便秘撃退!!今日できる実践便秘解消ストレッチ3選
おすすめの記事