• ダイエットフード
  • ディナー
  • ディナー
  • ダイエットフード
  • ダイエットフード
スポンサーリンク

手軽に出来るダイエットとして流行している糖質制限ダイエットですが、飲み物の制限はジュースなどしか気をつけていない、という方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、糖質制限ダイエット中に飲んでいい飲み物やだめな飲み物、また気を付けなくてはいけないカフェインの秘密についてお話ししていきます。

カフェインの秘密とNG飲料を知って効率的に減量をしていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

■カフェインの主な働きとダイエットに最適とされている理由

糖質制限中はどのような飲み物を飲みますか?甘くない飲み物やダイエットに最適とされているカフェイン入りのコーヒーにも意外な秘密があります。

カフェインはコーヒーや紅茶、エナジードリンク、眠気覚ましの飲料に含まれている成分です。

○カフェインの主な働き

・覚醒作用
こちらは、良く知られているカフェインの働きです。カフェインは、脳がリラックスして眠くなるのを防いでくれます。
仕事中に眠気がしたり、授業中の眠気対策にコーヒーや紅茶を飲まれている方も多いと思います。

・利尿作用
カフェインを摂ると血管が縮まり、血流をよくする働きをします。血流がよくなると同時に尿の排出も促され、余分な水分を対外に排出できるようになります。

○ダイエットにカフェイン摂取がおすすめされている理由

・脂肪燃焼効果があるから
カフェインは脂肪分解酵素を刺激する働きをします。この脂肪分解酵素をリパーゼと言います。通常リパーゼが働き始めるのは有酸素運動などを20分間行った後、とされていますが、カフェインを摂取することでこの時間を短縮出来ます。
また、カフェインは褐色脂肪細胞という細胞の働きを活性化させる作用も持っています。この褐色脂肪細胞は、脂肪を燃焼させることにより熱を作りだし体温を上げる働きをします。

・やる気をあげられるから
ダイエットで常に必要とされているモチベーション。糖質制限中の方は特にモチベーションを保つのに努力が必要になります。
カフェインは鎮痛作用も持っています。一時的に辛さや苦しみが弱まり、集中力を高めることが可能です。そのため、筋トレを行っている方や食事制限・糖質制限を行っている方はカフェインを摂取している方が多いのです。

・食欲を抑えてくれるから
カフェインはアドレナリンを分泌する働きもします。アドレナリンが分泌されると脳が刺激され、脳は「お腹がいっぱい」と勘違いをするのです。そのためお腹が空いて食べ過ぎてしまいそうなときには、食欲を抑えることが出来るのです。

 

スポンサーリンク

■カフェインの秘密と上手な摂取の仕方

○カフェインの摂りすぎるとどうなるか

・太る
カフェインは交感神経を刺激して目を覚ましてくれる作用があります。人の体は交感神経が刺激されるとコルチゾールというホルモンの分泌が促されます。
コルチゾールは、エネルギーを脂肪に変える働きを持っています。そのため、カフェインを摂りすぎてしまうと、脂肪がどんどんと増えてしまう可能性があります。

・むくみが促進される
カフェインを摂取すると血管が収縮します。血管が収縮することで良いこともありますが冷えに繋がるのも事実です。コーヒーを通して体の中が冷えてしまうと、むくみ安くなるだけでなくセルライトの生成に繋がってしまいます。

○カフェインの副作用

・頭痛
カフェインの働きによって縮んでいた血管が過剰摂取により広がってしまうことにより頭痛が起きる

・倦怠感
眠気や疲れを感じなくさせるためにカフェインを摂りすぎてしまうとその働いていたカフェインが無くなったときに強い倦怠感に襲われる可能性があります。

○上手なカフェインの摂取方法

・運動をする30分前に飲む
・1日の摂取量は400ミリグラム以内に抑える
・暖かいものか常温のものを飲む
・水分補給に使用しない
・寝る前4時間以内には飲まない

 

スポンサーリンク

■糖質制限中にはNGな飲料

○良く知られている高糖質な飲料

・コーラ(500ml)
糖質:約57グラム

・オレンジジュース(500ml)
糖質:約53.5グラム

・リンゴジュース(500ml)
糖質:約59グラム

○意外にも高糖質な飲料

・アクエリアス(500ml)
糖質:約23.5グラム

・ヨーグルト系ドリンク(200ml)
糖質:約24.4グラム

・缶コーヒー(200ml)
糖質:約12グラム

・野菜ジュース(200ml)
糖質:約17グラム

・グリーンスムージー(200ml)
糖質:約20グラム

■糖質制限中におすすめの飲料

・無調整豆乳(200ml)
糖質:約2グラム

・ストレートティー(200ml)
糖質:約0.2グラム
カフェイン:約30ミリグラム

・緑茶(200ml)
糖質:約0.4グラム
カフェイン:約39グラム

・ブラックコーヒー(200ml)
糖質:約1.5グラム
カフェイン:約88ミリグラム
※ドリップコーヒーの場合約140ミリグラム※

■まとめ

今回は、糖質制限ダイエット中に飲んでいい飲み物やNGな飲み物、また気を付けなくてはいけないカフェインの秘密についてご紹介しました。

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには良いところと気を付けなくてはいけないところ、両方がありました。また、意外にも糖質を多く含む飲料も多くありましたね。

無理のない糖質制限で上手にダイエットを成功させてください!

スポンサーリンク
  • 筋トレ派にオススメ!プロテインの正しい摂取の仕方とは?
  • 珍しい無添加で野菜100%使用の青汁!サンスター「粉末青汁」の5つの魅力を徹底解説
  • 活力アップで精力的に過ごしたい人に!アサヒ美健の強壮青汁5つの口コミ上々の理由をご紹介
  • まだ試してないの?UMIウェルネスの青汁ゼリー5つの魅力について徹底解説
  • 年代別置き換えダイエットの成功事例大公開・評判
  • フルーツの糖質に要注意!糖質が高いフルーツと低いフルーツとは?
おすすめの記事